札幌 パーソナルトレーニングジム プライベートジム BEYOND ビヨンド

体験予約はこちら

BEYOND SAPPORO

BLOG

トレーナーブログ

ダイエットの味方!食物繊維について

2020-08-07

こんにちは

ダイエットパーソナルジム ビヨンド札幌店の川目です!

 

皆様はなぜダイエットには食物繊維が良いとされているかご存知でしょうか?

 

ダイエット中はタンパク質多めの食事をすることも多く、腸内環境が悪くなりやすいです。

 

腸内環境が悪いと代謝が悪くなったり、腸内で糖質が吸収されやすくなったりします。

結果、摂取カロリーが同じでも、太りやすく痩せにくい身体になってしまいます。

 

食物繊維は、腸内環境を整え、早食いやドカ食いを防ぎます。

 

また、食後血糖値の上昇をゆるやかにしたり、脂質の排出を助けたりするため、

ダイエット時に限らず積極的に摂りたい栄養素です。

 

食物繊維には2種類あり、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維に分かれています。

不溶性食物繊維は水分や老廃物などを吸着して、便のかさを増やします。

腸を刺激してぜん動運動を活発化し、排便を促します。

(野菜、穀物、豆類等)

 

水溶性食物繊維は、腸内細菌(善玉菌)のエサになって、腸内環境を整えます。

血糖値の上昇やコレステロールの増加を抑えます。

(こんにゃく、海藻類、麦類等)

 

通常は不溶性食物繊維と水溶性食物繊維とを、21の割合で摂取するのがよいとされています。

 

ですが、すでに便秘の時は腸のぜん動運動機能が低下しており、便のかさが大きくなりやすいです。

便のかさが大きくなりすぎると、水分を吸って硬くなるため、

不溶性食物繊維を摂りすぎると、便秘が悪化することもあります。

 

また、便秘と下痢を繰り返す痙攣性の便秘の場合にも、

不溶性食物繊維が刺激になり、悪化させる恐れもあります。

 

そのため、便秘が続いている場合は不溶性食物繊維を多く含む食材をとりすぎないようにし、

水溶性食物繊維を含む食品を中心に、よく加熱して少しずつ摂ることがオススメです^ ^

 

ビヨンド札幌店では、食事指導付きのパーソナルトレーニングプランがございます。

 

ダイエットをしたいけどどんな食事をすれば良いの?

筋肉をつけるためにはどんな食事をすれば良いの?など

お客様の希望に合わせて管理栄養士やトレーナーがサポート致します。

無料カウンセリングや体験トレーニング

ぜひお待ちしております^ ^


食事管理サポート
管理栄養士による食事指導

3食正しく食べることで
痩せやすくリバウンドしにくい理想のカラダへ

TRAINING
トレーニング内容

理想のスタイルを叶える
ひとりひとりに合わせたトレーニングプログラム。